BIGLOBE SIMのレビューと評判!口コミ評価も掲載中!

BIGLOBE SIMの特色まとめ

BIGLOBE SIMはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。docomo回線を利用しているBIGLOBE LTEは、電波の強さ、通話エリアなどの質の良さもdocomoと一緒ですので安心してご利用できます。通信制限に苦しむ人たちに朗報!BIGLOBEから登場した『エンタメフリー』というサービスが、悩める皆さんの強い見方になるはず!YouTube、AbemaTV、Apple Music、Google Play Musicなど7つのストリーミングサービスの通信量を制限無しで利用できるというお得なサービスなのです。さて、いきましょう!BIGLOBE SIMの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomo回線の格安スマホサービス

BIGLOBE LTEの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、通信エリアもNTT docomoと同じであるため国内の広範囲で利用することができます。ドコモのスマホであれば、ほとんどの機種がBIGLOBE LTEで利用することが出来ます。BIGLOBEが提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇るBIGLOBE LTE回線はお得です。

SIMフリースマホがありすぎて困る

現在、BIGLOBE LTEの対応対象外のスマホを使用している場合には、新たに対応端末を購入することが必要です。BIGLOBE LTEで取り扱っているスマートフォンは、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。SIMフリーのモバイルルーターやタブレットも種類豊富に扱っているため、大きな画面で使用したいと言う人でも選択肢が多くあります。

データ通信量の繰越対応!

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。そんな場合でも、BIGLOBE LTEは、データ容量を次の月に持ち越すことができます。MVNOの中には、残ったデータ容量を翌月に繰り越せないものもあるので、この翌月繰越は、BIGLOBE LTEの魅力の一つです。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

通話料が半額!BIGLOBEでんわ

BIGLOBEでんわとは、通話料が通常の半額になるお得なサービスの事です。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。当然といえば当然ですが、通知される番号は普段お使いのものです。相手側からみると、いつもの電話となにも変わりません。これがIP電話になりますと、発信が非通知だけとか050の番号が通知されたりするものが多いので、使っていて不都合が生じがちです。これに対し、BIGLOBEでんわは極めて利便性が高いと言えます。

3分カケホーダイ

AU・ドコモ・Softbankの大手3事業者には、通話かけ放題プランがありますが、殆どのMVNOがその通話し放題のプランに対応していません。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。BIGLOBE LTEでは月650円で、何度でも最初の3分間が無料になるという「3分かけ放題」が利用できます。この3分かけ放題は、BIGLOBEでんわと同等の回線を利用する為、BIGLOBEでんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、通常の電話と何ら変わりなく、話し放題サービスが利用できるという魅力的な特徴です。従来の「BIGLOBEでんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、1回3分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「3分かけ放題」をおすすめします。

最大60分の無料通話付き!””通話パック””

BIGLOBE SIMは月額650円で利用可能な3分かけ放題と別に、通話パック60と呼ばれるオプションメニューがあります。これは、月額650円で1,200円分の無料通話がついてくるというサービスです。毎回、通話時間が3分を切るという方ならば、「3分かけ放題」プランがおすすめです。逆に、時々長電話をすることがある人には、こちらの600の通話パックがオススメです。自分の携帯電話の使い方に合わせたオプションを選ぶことで、お得にスマホを利用ましょう!

最初のひと月は料金が無料に!

BIGLOBE LTEでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初回月の月額料金がなんとタダになります。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!しかし、今現在利用しているスマホを解約するには手数料などの事も考えなければならないので、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。

BIGLOBE SIMの月額プランと解約について

この解説はBIGLOBE LTEの料金プランやその他費用についてです。毎月かかっている料金と比べながら、セーブ出来る金額をチェックして頂けたら幸いです。では、BIGLOBE LTEに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

BIGLOBE LTE料金プランと初期費用

BIGLOBE LTEのプランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070/080/090などの番号を使用するものが音声通話SIMなので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、ベーシックプラン以外は、LTEの高速回線(262.5Mbps)が利用できるプランです。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

BIGLOBE SIMの解約制限について

BIGLOBE LTEの最低利用期間と解約手数料について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。仮に、決められた期間内に解約しようと思うと、違約金『8,000円』の請求を受けることになります。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

BIGLOBE SIMの回線速度について

BIGLOBE SIMの回線網は、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。通信速度については、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、BIGLOBE SIMがもつ最大の強みの1つです。この先MOVOや格安スマホの利用しやすい新たなサービスがいろいろと登場してきそうです。

BIGLOBE SIMの3日制限

BIGLOBE SIMの場合、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行いました。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、読み込み速度が遅くなる低速モードに強制的に変更されていたのですが、72時間制限が廃止になったのは話題を呼びました。BIGLOBE SIMのSIMにおいては、動画を観ても、3日制限のことを考える必要はありません。72時間制限撤廃は本当に嬉しいですね。

【終了間近】割引キャンペーン