楽天モバイルの料金と解約・特色・速度に関して

楽天モバイルの料金と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。それでは、早速、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの225MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

解約違約金

解約縛りと違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。一方、音声通話SIMについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。最低利用期間の1年を待たずに解約したい場合は、9.800円の解約手数料が必要になります。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

速度に関して

楽天モバイルは、NTT docomoのLTE回線(225Mbps)を使用しています。通信スピードに関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの通信制限

楽天モバイルの場合、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、通信の速度にリミットがかかります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天モバイルの特色

楽天モバイルは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。楽天モバイルの格安スマートフォンなら、なんと月額1250円で使用でき、大手キャリアと比べるとかなりお得なので、大人気になっています。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。ということで!楽天モバイルの料金プランの解説から、速度情報・キャンペーン情報まで網羅しました。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo同エリアのMVNO

お得なサービスの楽天モバイルは、NTTドコモの回線を利用しています。なので、通話の品質はドコモと同じですし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種で楽天モバイルでそのまま使えちゃいます。楽天が提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。ドコモのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、楽天SIMカードの契約をするだけでそのまま使用できますので、わざわざ高いスマホを買う必要がなく、お財布に優しいのが利点です。楽天モバイルはNTTドコモの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

SIMフリースマホの種類がありすぎて困る

楽天モバイルはドコモの端末の大半がそのまま使えますが、もし対応している端末をお持ちではない場合には、当然のことながらスマホ自体を購入しなければいけません。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。しかし、種類の豊富さはMVNOの中でも一番です。

高速通信容量の繰り越し

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。このような時、楽天モバイルなら、データ容量の繰り越しをすることが可能なのです。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、楽天モバイルはこういった点においても、お得と言えます。格安スマホでも、効率的に毎月のデータ量を消費できるに越したことはありませんね。

通話料が半額になると話題の楽天でんわ

楽天でんわとは、通話料が通常の半額になるお得なサービスの事です。この通話サービスは「プレフィックス型」を採用していて、IP電話とは異なり通常の電話回線を使用しますので、こちらの電話番号を相手側にちゃんと通知ができます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、楽天でんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。また、楽天でんわでかけた通話料にも、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。実は、通話し放題サービスもあるんです。

5分通話し放題とは?

ドコモ・AU・Softbankなどは、カケホーダイプランがあるのに対し、多くのMVNOは、かけ放題の対応が遅れているのが事実です。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、通常の電話と何ら変わりなく、話し放題サービスが利用できるという魅力的な特徴です。同じMVNOのNifMoでも通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号を通知することができない例がレビューブログで報告されていました。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、5分以内の通話が月に合計で40分以上はある(5分間きっちり通話すると9回以上)方にはお得なオプションになるのは間違いないでしょう。

初月は料金が無料

新規に楽天モバイルで格安スマホや格安SIMの契約をすると、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

今月のキャンペーン詳細

mineoの回線速度と口コミ・評判について

mineoの回線速度

話題のmineo(マイネオ)のデータ通信の速度についてご紹介します。ドコモプランは最大225MbpsのLTE回線でAプランではAU 4G LTEなので、225Mbpsの通信スピードになります。最近色んな所で話題になっていますが、やはり混雑時間では、大手キャリアの回線の方が通信速度は速いです。混雑する時間帯でも安定して高速通信を使いたいという方には、キャリア契約が万全策だと思います。月々に支払う料金が安いので、全体的に考えても、お得で満足度の高いサービスだとおもいます。

mineo Aプランの通信制限

mineoでは、利用者の平等な利用環境のために、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。一般的な使用を前提とするならば、そうそうひっかかる制限ではないですね。料金プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値となっているようです。

マイネオ Dプラン3日間制限0

mineoのDプランでは、最近の3日間の通信量がいくらであっても、速度制限をしません。その日によってデータの使用量が大きく異なる方は、A(AU)回線プランではなく、D(docomo)回線プランを選ぶほうが、直近3日間の制限を受けることなく利用できます。このような通信量と速度制限についても合わせて、プランを比較し、検討してみてください。

mineoのユニークポイント

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。docomo・au・ソフトバンク。これら3社からの乗り換えの場合、月々の料金がとてもお安く利用できるお得なスマホサービスです。月当たり1,310円というリーズナブルな料金でSIMが使えるとあって、mineoは好評を集めています。mineoは、マルチキャリアと言って、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。キャリア回線を使用しているので、サービスのクオリティも高く、不安なく使用することが出来ます。これからmineoへの乗り換えを検討している方の為に、mineoの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomoとdocomo・AUのネットッワークを利用した格安スマホ

マルチキャリア対応のmineoはdocomoプランとauプランが選べます。docomoとauのそれぞれの回線を利用しているので、音質はもちろん、電波のエリアもほとんど一緒です。docomoやAUで購入したスマホをSIMを入れ替えるだけでそのまま使用することができるので、格安スマホにするからといってスマホ本体を買い換える必要はありません。スマホを買い替える必要が無いのは、余計なお金の負担が無いので嬉しい話です。mineoで販売されている格安スマホももちろん購入する事は可能です。キャリアの回線を低価格で利用出来ますし、自分の好みで回線を選択することができます。docomoかAUの回線のどちらかを使うかによっては、料金に差異があるので検討の際は確認しておく事が必要です。

高品質通話VoLTE対応!

mineoは、最新のVoLTEに対応するSIM及びプランの提供を始めました。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、高速データ通信ネットワークでの音声通話を可能にする技術の名称なのです。今までの通話技術では、拾える周波数に限りがありました。300Hz~3.4kHzまでしか拾えなかったのです。VoLTEは50Hz~7kHzレベルの音声も拾うことが可能となりました。簡単に言うと、とても高音質な通話することが可能になっているということです。これはmineoが選ばれる理由の一つになり得ます。

翌月繰越しにも対応

ケイ・オプティコムのmineoは使用しなかったデーター量は翌月に繰り越す事が可能で、毎月データ使用量が変わる人でも、それほど気にせずに使用できるということです。

mineoスイッチを活用してデータ量を節約

mineoの機能のひとつに、mineoスイッチというものもあり、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。データ量を抑制しながら利用出来るので、不要なデータ量消費を削減できる有用なサービスです。 Free Wi-Fiとmineoスイッチをうまく使うことで、さらに安いプランで利用することもできます。mineoなら、もう月々のスマホ代に頭を悩ませる心配はないでしょう。

ケイ・オプティコムの格安SIMの月額料金と解約

mineoの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。今、月々かかっているスマホの料金から、mineoを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、確認してみてください。では、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの月額プランと初期費用

mineoのプランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、以前の携帯電話番号を利用したい時には、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。音声通話SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの契約縛りについて

mineoのMNP転出の手数料について、解説していきます。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約違約金は発生しません。格安SIMを解約違約金の心配がなく利用できるというのは、使い始める時におすすめのMVNOです。縛りと違約金がなくても、1年以内にMNP転出をしたい場合は12,420円の手数料が発生します。音声SIMで契約の場合にMNP転出しようとする時は、このことだけは気をつけておきましょう。

今月開催中の限定キャンペーン詳細