楽天モバイルの料金と解約・特色・速度に関して

楽天モバイルの料金と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。それでは、早速、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの225MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

解約違約金

解約縛りと違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。一方、音声通話SIMについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。最低利用期間の1年を待たずに解約したい場合は、9.800円の解約手数料が必要になります。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

速度に関して

楽天モバイルは、NTT docomoのLTE回線(225Mbps)を使用しています。通信スピードに関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの通信制限

楽天モバイルの場合、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、通信の速度にリミットがかかります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天モバイルの特色

楽天モバイルは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。楽天モバイルの格安スマートフォンなら、なんと月額1250円で使用でき、大手キャリアと比べるとかなりお得なので、大人気になっています。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。ということで!楽天モバイルの料金プランの解説から、速度情報・キャンペーン情報まで網羅しました。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo同エリアのMVNO

お得なサービスの楽天モバイルは、NTTドコモの回線を利用しています。なので、通話の品質はドコモと同じですし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種で楽天モバイルでそのまま使えちゃいます。楽天が提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。ドコモのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、楽天SIMカードの契約をするだけでそのまま使用できますので、わざわざ高いスマホを買う必要がなく、お財布に優しいのが利点です。楽天モバイルはNTTドコモの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

SIMフリースマホの種類がありすぎて困る

楽天モバイルはドコモの端末の大半がそのまま使えますが、もし対応している端末をお持ちではない場合には、当然のことながらスマホ自体を購入しなければいけません。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。しかし、種類の豊富さはMVNOの中でも一番です。

高速通信容量の繰り越し

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。このような時、楽天モバイルなら、データ容量の繰り越しをすることが可能なのです。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、楽天モバイルはこういった点においても、お得と言えます。格安スマホでも、効率的に毎月のデータ量を消費できるに越したことはありませんね。

通話料が半額になると話題の楽天でんわ

楽天でんわとは、通話料が通常の半額になるお得なサービスの事です。この通話サービスは「プレフィックス型」を採用していて、IP電話とは異なり通常の電話回線を使用しますので、こちらの電話番号を相手側にちゃんと通知ができます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、楽天でんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。また、楽天でんわでかけた通話料にも、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。実は、通話し放題サービスもあるんです。

5分通話し放題とは?

ドコモ・AU・Softbankなどは、カケホーダイプランがあるのに対し、多くのMVNOは、かけ放題の対応が遅れているのが事実です。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、通常の電話と何ら変わりなく、話し放題サービスが利用できるという魅力的な特徴です。同じMVNOのNifMoでも通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号を通知することができない例がレビューブログで報告されていました。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、5分以内の通話が月に合計で40分以上はある(5分間きっちり通話すると9回以上)方にはお得なオプションになるのは間違いないでしょう。

初月は料金が無料

新規に楽天モバイルで格安スマホや格安SIMの契約をすると、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

今月のキャンペーン詳細

UQモバイルの格安スマホってどうなの?費用・速度・評判

UQモバイルの格安スマホって?

UQモバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますキャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。月々1,680円で利用できる格安SIMが話題のUQモバイル。またAU回線を利用しているため、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、AUのスマホと変わらないため安心です。また、UQモバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、テザリングが無料で使えるという点です。前置きはこの辺で、UQモバイルの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

AUエリアで使える格安スマホサービス

UQモバイルはAUの回線を使用しています。そのため気になる通話品質はAUと変わりませんし、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。これまで使用していたAUのスマホであれば、UQモバイルでもそのまま使うことができます。UQモバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。AUのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約をするだけでそのまま使用できますので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。AUの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

VoLTEプランがある

UQモバイルは、他社に先駆けて高音質の通話が可能なVoLTE対応プランを提供しました。VoLTEは、今までの通話サービスよりも、よりよい音質で通話できる、新規に開発された音声通話サービスです。今までの音声通話では、300Hz?3.4kHzの周波数の音声でないと感知することができませんでした。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。簡単に言うと、とても高音質な通話することが可能になっているということです。VoLTEは、UQモバイルの素晴らしい魅力の一つです。

データ容量くりこしに対応

UQモバイルを利用すれば 、データ通信量の翌月への繰越もできるため月々で使用するモバイルデータ通信料が変化する方でも、データ容量を無駄なく使用することができるのが大きな特徴です。さらに、UQモバイルでは、ターボ機能とよばれるものがあり、任意で、データの通信速度を高速・低速の二種類の速度に切り替えて使用することが可能です。ターボ機能によりデータ容量を無駄に消費することがなくなるため経済的に使用できますね。

UQモバイルの口コミ

UQモバイルの一番の魅力といえば、通信速度が最も優れているMVNOだということが言えます。ネット上の口コミなどの高く評価する人も多いので、料金プランについてはそれほど選択肢が多くないことと、毎月の利用金額が他社より少し割高ではありますが、それを考慮しても、とても優れた格安SIMであると言えます。格安スマホと一緒に購入するのが、オススメです。

満足度が高い実効速度

UQモバイルをお勧めする最大のメリットは、他のMVNOと比較して、極めて高速で安定した通信が出来るところだと思います。複数のMVNOを利用し長所?短所を比較している私でも、それらに比べるとUQモバイルの通信速度はいちばん早くて安定しているので、携帯電話はUQモバイルをメインで使っています。安定した高速通信に重きを置く方に、MVNOはどれが良いか?と聞かれたときは、確実にUQモバイルを挙げるでしょう。料金面で考えると、確かにUQモバイルよりも安い会社はありますが、通信速度が速いことを考えたら料金は若干高めでも使う価値はあります。

UQコミュニケーションズの格安SIMの料金に関して

UQモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在お使いの携帯料金と比べながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、ぜひ読んでみてください。 料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

UQモバイルの料金

UQモバイルの料金は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。音声通話SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データSIMの料金プランは、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

解約手数料

UQモバイルの最低利用期間と解約違約金に関して、解説していきます。利用期間の規定はデータSIMにはありません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、手数料が9500円かかるので要注意です。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

UQモバイルの通信速度

MVNOがいろいろとある中でUQモバイルは、なんといっても優秀なのが、通信速度の速さと安定性です。格安SIMアワード2015によると、UQモバイルは通信速度部門において見事第一位に輝きました。MVNOを選ぶときに通信速度が速いものを選びたいのであれば、UQモバイルは外せない選択肢であるといえます。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルにおける3日間制限

キャリアもMVNOもそうですが、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、決められた容量を超過したユーザーに対して、データ通信速度を遅くされてしまいます。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。各プランごとの規定容量は設定されておらず、各プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

間もなく終了のキャンペーン

IIJmioの格安スマホ「みおふぉん」おすすめポイントと契約内容の詳細まとめ

IIJmioの気になるポイント

インターネットイニシアティブジャパンが提供するみおふぉんという格安SIMと格安スマホの紹介を始めます。格安SIMサービスの古参企業であるインターネットイニシアティブジャパンは、長年、格安スマホを利用しているユーザーにとっては、IIJmioの名前を一度は聞いたことがあるでしょう。IIJmioは、「格安SIMアワード2015」という顧客満足度の調査で最優秀賞を獲得しています。この賞の獲得には、お客様に対応はもちろん、品質の面でも満足した人が多かったからということがあげられます。IIJmioへのMNPを検討している方の為に、IIJmioの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線を利用した格安SIMサービス!

株式会社インターネットイニシアティブの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。そのためdocomoと全く同じ通話品質を保っており、気になるサービスエリアもdocomoと同じなのでどこでも安心して使うことができます。IIJmioの凄さは、docomoのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。IIJmioではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。また既にdocomoのスマホがお手元にある方であれば、IIJmioの利用開始にはSIMカードのみの契約でOKですので、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。言うなればIIJmioはdocomoが積み重ねてきた信頼の品質をそのまま継承した「格安」のスマホサービスなのです。

初速バースト!さらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト機能というものがあります。「バースト機能」の詳細について解説いたします。バースト機能というのは、低速通信の際に、最初のほんの数秒間だけ高速通信をすることで、より早くページの切り替えを行うというものです。このバースト転送機能があると、低速通信時のインターネットが快適になり、表示される速度の遅さが緩和されて、イライラしないでネットサーフィンを楽しめるので、使って便利な評判がいい機能となっています。今のところバースト機能が使える格安スマホはIIJmioの他ではIIJmioくらいしかないので、他のメリットも合わせて考えるとやはりDMMが一押しですね。

容量の繰越し

データ通信の容量はご契約のプランごとに異なりますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。でも、IIJmioであれば、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。MVNOによっては、データ通信量の翌月繰越に対応していないこともありますが、データ容量を持ち越せるという点が、IIJmioのアドバンテージの一つとなっています。安いからと言って、毎月のデータ通信量を無駄にしたくない方には嬉しいサービスです。

IIJmioのファミリーシェアなら、SIMカード最大10枚

IIJmio(アイアイジェイ・ミオ)のファミリーシェアプランなら、SIMカードを追加で10枚までなら増やすことができます。今IIJmioへ家族10人みんなが乗り換えたなら、キャリアの月々のスマホ代に比べるとかなりお得な料金にになります。家族全員分トータルのスマホ代で考えると、かなりの節約効果があり、もしかしたらパパやお子様のお小遣いUPが見込めるかもしれないですね。この機会に、ご家族で料金の節約を検討してみてはいかがですか。IIJmioはサポートにも定評があるので、始めて格安スマホを使う人でも電話でサポートが受けられるので安心です。みまもりパックをつけることで、有害サイトや不正アプリから守る事ができますので、子供用スマホとしても実用的です。

IIJmio料金と解約について

IIJmioの料金プランや通信速度についてご紹介します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、IIJmioに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、比較しながら読んでいただきたいです。ということで、IIJmioの料金プランを見ていきましょう。

料金プラン

IIJmioの料金は、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声機能付きSIMを選択しないと070/080/090番号が使えないので、従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの最低利用期間

IIJmioの解約手数料に関して、ご紹介していきます。データSIMについて、IIJmioの場合、最低利用期間は設定されていません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方、みおふぉんには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。もしも最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと、手数料として9,000円を徴収されることになります。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

IIJmioの通信速度について

数多くのMVNOの中でも、IIJmioは、docomoの4GLTE回線を使用しています。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。また時間帯や混雑状況に左右されることなく安定した通信速度を維持し、口コミなどを見てみても、軒並み高評価を得ており、数あるMVNOの中でも話題になっているようです。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、やはりIIJmioが最適だと思います。

みおふぉんの72時間制限

IIJmioは、低速通信の使用時には、一番近い3日間どれだけ利用したかに応じて、少し遅くなってしまう場合が考えられます。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、データ通信速度を遅くされてしまいます。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

IIJmioの評判

IIJmioのメリットを挙げると、MVNOの中でも老舗であるという信頼度と、お客様に支持されるサポートの充実度にあります。また、2015年に行われた格安SIMアワードの結果の通り、ユーザーが満足していることを示しています。電話やオンラインでのサポートも充実しており、初めて格安スマホや格安SIMを使うという方でも、安心して利用する事が出来るMVNOです。

通信速度が速く、サポートも手厚いのが、人気の秘訣

IIJmioのユーザの多くは口コミサイトなどで、一定以上の品質を確保した高速通信と、充実したサポート体制が高い評価を受けていることがわかります。株式会社イードの顧客満足度の調査でも評価されている事から、顧客満足度の高さを象徴する最優秀賞を受賞しているのです。以上のことからも、IIJmioはユーザの満足度の高い格安SIMサービスといえます。現在あるMVNOの中でも、老舗としてのブラント力が強いMVNOであると言えます。基本的に、口コミなどでの評価・評判の良いMVNOですので、格安で高品質なSIMカードを求める方には、安心して選べるMVNOの一つになるでしょう。

いま開催中のキャンペーン