Umobileの速度・制限・料金プランの詳細まとめ

Umobileの速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてUmobileは、 NTTdocomoが提供する225Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。

Umobileでの速度制限

MVNOすべてで共通ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度の制限をしています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。直近3日でどれだけ通信すると規制の対象となるかは明記がありませんでした。

Umobile月額費用と解約

Umobileを利用するのに必要な費用はどれくらいなのか、順を追って説明していきます。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、どれだけ料金が安くできるか、把握してみてはいかがでしょう。 月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Umobileの月額プラン・初期費用

Umobileの料金プランは、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、必ず音声通話可能SIMを選び、絶対にデータ専用SIMと間違えないようにしてください。音声SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの料金プランは、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

音声通話のSIMのLET使い放題2プランとは、利用期間が最低1年間と決められている代わりに、月額料金がLTE使い放題プランよりも、250円格安になるプラン内容です。

Umobileの解約違約金

Umobileの解約縛りに関して、まとめましたので、ご紹介します。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、UmobileのデータSIMです。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。一方の音声通話SIMは、少なくとも6ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。もし都合により6ヶ月経たないうちに解約すると、手数料として6,000円を徴収されることになります。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、こちらの場合は、7ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

「LTE使い放題2」プランの違約金

Umobileでは、LTE使い放題2プランのみ、他のプランと異なる特別な注意事項として、他の契約プランとは異なる、解約制限が設けられています。契約後6ヶ月以内に解約の手続きをとった場合、9500えんの違約金をお支払い頂くことに 7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合、解約手数料が3,500円必要になります。プラン変更の場合にも11ヶ月以内のの場合には3,500円の変更手数料が必要になります。上記のとおり、他のプランとは異なる点がいくつかございますのでご注意ください。解約金が発生するため損をするプランのように思いますが、月額の料金が安くなるプランですので、ご契約期間1年以上のご利用をお考えの方は、LTE使い放題2プランは断然お得でお勧めのプランになります

Umobileの評価について

Umobileには多くのメリットが見られます。その1つとしては、4GLTEの使い放題ができるプランではないでしょうか。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、他社には滅多にない画期的なプランです。この使い放題プランを利用するために他社から乗り換えを行えば、月ごとのスマホ利用料金を大きく抑えることもできそうです。

通話プラス限定、U-NEXTポイントが毎月!

ユーザー数100万人超の動画配信サイト、U-NEXTで使用が可能な、U-NEXTとは、契約数100万を突破した人気動画配信サイトです。月毎に400ポイントが貰えるのがLTE使い放題2プランで、それ以外では月毎に600ポイント貰えます。付与されたU-NEXTポイントは動画配信サイト「U-NEXT」で利用可能で、1作品の視聴が300円程度なので月に2本程度は無料で楽しめることになります。作品のラインナップも多く、映画や国内・海外ドラマ・アニメ・大人向け作品まで幅広くカバーしています。毎月の支払いが3,000円以下と、格安の契約にも関わらず2本分のポイントが貰えるというのは、かなり還元率の高いポイントサービスだと言えます。

Umobileの特徴

格安スマホを取り扱っているMVNOのうちの一つにUmobileがありますが、これは、動画配信サイト「U-NEXT」も運営している株式会社U-NEXTのサービスです。U-NEXTは通信会社で2015年に東証一部上場しているので、安心感や信用性という面でも非常に高いですし、若い会社ですが、数あるMVNOの中で上位に入る実力のある企業になっています。格安スマホの中では珍しいことなのですが、LTE高速回線の使い放題ができるプランもあります。「4G」と呼ばれることもある次世代の高速通信環境を体験したい方にとっては、Umobileこそが選択肢の最有力候補になると思います。それでは、Umobileをどこよりも分かりやすく解説しました。話題のUmobileについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線の格安SIMサービス

格安SIMの中で人気のUmobileはdocomoの回線が使われています。そのため、通話品質もdocomoと変わらず、サービスのエリアも広範囲なので問題なく利用出来ます。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、Umobileでもそのまま使うことができます。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、U-mobileはお得なセット販売も行っています。SIMカードだけをUmobileにおいて契約すれば、docomoで購入した機種をそのまま継続して利用できるので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。docomoという安心できる名前のサービスを利用することができ、毎月の支払額も安く抑えることができる魅力的なサービスです。

LTEの高速回線使い放題プランがある

MVNOのUmobileではお客様に喜んで頂くために、LTE無制限というプランを設定していて、これは他のMVNOと大きく異なる点で、こうしたプランはUmobileが高く評価される一因となっています。高速のLTE回線をいつでも好きなだけ利用したい人にとっては、無制限で回線を利用できる魅力的なプランに仕上がっています。LTE使い放題であるにも関わらず、月額料金も3,000円を切る料金設定。今大手キャリアをお使いの方は、ご自身の毎月の利用料金と比べてみてください。どのくらい安いかお分かりになるかと思います。使い放題でありながら毎月の料金が3,000円を切るなら、通信料の多いユーザーにとっては有難い料金設定ですね。高速通信を多く利用されるユーザーさんにとっては、最適のMVNOです。LTE使い放題プランについて詳しく知りたい方は、Umobileの公式サイトをご覧になってみてはいかがでしょう。

即日MNPOK

Umobileでは、即日にMNP転入が出来るので、他社からの乗り換えが楽になりました。「MNP届け出方式」と呼ばれるやり方をとっているため、ネット上での手続きだけで、即日MNPが実現しているのです。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、Umobileならばネット環境さえあればどこでも手続き、即日MNPが可能となっています。スマホが利用不能になる期間ができてしまうのが嫌で、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。即日MNPは、SIMカードが届いたら手続きでき、その方法はUmobileの会員ページから、回線切替ボタンを押すだけととっても簡単です。MNP手続きがこれまでなかったほとシンプルになり、格安スマホに変更する際の手間がかなり少なくなっています。

ユーモバイルのキャンペーン

DMMモバイルの口コミ・評判と速度制限等の詳細まとめ

DMMモバイルの口コミ・評判

DMMモバイルの最大のメリットといえば、2つの長所があります。月額料金の安さと通信速度の安定性です。節約志向かつ、通信速度にこだわりがある方には、自信をもっておススメするMVNOです。口コミでDMMモバイルが高評価になっている理由は、やっぱりこの料金とスピードの両方がいいってところに集まってます。

高速な通信速度が快適!

格安スマホのレビューや口コミの中でDMMモバイルの評判をチェックすると、主に、通信の実効速度とその安定性の高さについて語られています。月額の基本料金は安く、かつ通信スピードも優れていますので、DMMモバイルの人気が高いのも頷けます。また、特典として、利用料金の10%がポイントとして付与されるため、値段の安さと速度にこだわるなら、DMMモバイルが一番良い選択となるでしょう。これから格安スマホへの乗り換えを考えている人には DMMモバイルで乗り換え!おススメです。

回線速度に関して

格安SIMサービス会社の中でも、DMMモバイルは、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。通信速度についても高速で、かつ非常に高い安定性があり、ネット上の口コミや評判などでも、高評価を受けており、高い人気を誇っているのではないでしょうか。安心して使える通信速度が速くて格安のスマホをお探しなら、DMMモバイルが最もおすすめできます。

DMMモバイルにおける通信制御に関して

DMMモバイルの場合、低速通信時には一定の時間(直近の72時間)に多くの通信を行った場合に帯域制限が行われることがあります。これは、高速回線を使用しているときには適応されませんのでい心配いりません。どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。

DMMモバイルのユニークポイント

今、MVNOのモバイル通信サービスで注目を集めているDMMモバイルは、動画配信サイトのDMM.comが運営している格安スマホのサービスで、DMMモバイルの最大のメリットは、業界最安値の料金プラン。とにかく月々の支払いを抑えたい人にはぴったりです。また通信速度も速くて、安定しているのも人気の理由のひとつです。快適にインターネットを利用できると評判です。前置きはこの辺にして、DMMモバイルについて詳しく調べてまとめましたので、DMMモバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomo回線を利用した格安スマホ!

DMMモバイルとは、DMM.comが運営しているスマホサービスのことで、このサービスにはdocomoの回線が使用されています。ですので、通話のクオリティはdocomoと同じですし、サービスの提供できるエリアもdocomoと同じく広範囲ですので安心して利用することができます。当然、docomoのスマホならDMMモバイルでもそのまま使えます。もちろん、DMMモバイルのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。docomoのスマホが手元にあるなら、DMMモバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホ本体の購入代金が不要となり、たいへん財布にやさしいプランです。
DMMモバイルでは、まさにdocomoと同じ高品質なサービスを提供しながら、携帯料金を低額に抑えることができるシステムを提供しています。

iPhoneが分割OK

DMMモバイルにはiphone機種が分割払いで購入できるという大変魅力的な要素があります。ほとんどのMVNOでは海外の格安端末しか取り扱っていないので、iPhoneは扱っていない場合が大半というか、ほとんどです。DMMモバイルは、MVNOで唯一iPhoneを扱っている会社ですので、iPhoneも分割購入できるMVNOということで考えると、DMMモバイルが適した選択肢ということになります。iPhoneをMVNOで購入したい!という方は、DMMモバイルをチェックすると良いでしょう。ただ、人気なだけにiPhoneは売り切れの場合が結構あるので、在庫がある様なら、急いで予約したほうがいいでしょう。

あまったデータ量のくりこし

それぞれのプランによってデータ通信量は異なりますが、あまり通信しない月も場合もあるので、その様な月は多めに残ってしまう場合もある事でしょう。しかし、こういった場合でもDMMモバイルであれば、使わずに余ってしまったデータ通信量を、翌月に繰り越すことが可能です。使わなかったデータ通信量を持ち越せないMVNOもあり、この様なサービスを提供しているDMMモバイルは、メリットが大きいサービスであるといえます。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのがDMMモバイルなのですね。

不通期間なしのMNPOK

DMMモバイルは即日MNPに対応することで、よりスムーズに転入手続きを行えるようになりました。その仕組みとしてMNP届け出方式を採用しており、インターネットを利用して開通手続きを行うことで、携帯電話が不通になる期間なく、乗り換えが可能となりました。今まで、即日MNPをする場合はわざわざ店頭まで行かなければなりませんでしたが、今や、自宅でも出張先でも、即日MNPが可能となっています。MNPは携帯が使えない時間が長いということがデメリットでしたが、乗り換えには気が進まなかった人でも、積極的にMNP切り替えをすることが可能です。具体的には、SIMカードが届き次第、DMMモバイルの会員専用ページを開き、回線切替ボタンを押すのみで手続きが済んでしまいます。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

10%還元!DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルを契約している期間中、毎月、利用した金額の10%分のDMMポイントが付与されるという、とても魅力的なキャンペーンが開催されています。これは月々の基本料に対してだけでなく、通話料やオプション料金なども対象で、ポイントが貯まりやすい仕組みになっており、非常にお得です。実際のところ、モバイル業界の格安料金の先頭を引っ張るDMMモバイルですから、10%分ものポイントまでが付くわけですから、
これは驚きですよね?毎月のスマホ代にお悩みの方、スマホにしたいけど料金が心配な方、DMMモバイルを検討してはいかがでしょうか。、

人気のバースト機能│低速通信時も快適

バースト機能がついているのは、DMMモバイルの特徴です。バースト機能とは何なのか分からない方にご説明します。DMMモバイルのバースト機能は速度制限がかかっている状態でも、最初の3秒間ほどは高速のデータ通信を行えるもので、アクセスしたサイトの表示速度を向上させる機能の事をバースト機能といいます。そのため、低速通信の時でも速いスピードで読み込みができるようになるので、WEBページを閲覧する際のレスポンスが向上し、ストレスなくインターネットが利用できるので、好評を集めている機能なのです。現在のところ、DMMモバイルとIIJmioのみで採用され、話題になっています。”

DMMモバイル料金と解約

DMMモバイルの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。いまのスマホ代と比較しながら、DMMmobileでどれだけスマホ代を安くできるか
、計算しながらご確認ください。早速、DMMモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMモバイルの料金・初期費用

DMMモバイルの月額プランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、
従来の携帯電話と同じように使いたい場合にはデータ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの契約縛り

DMMモバイルの最低利用期間と解約手数料について、説明していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、手数料が9,000円かかるので要注意です。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。”

締切間近のキャンペーン情報